日本の夏といえば、しそは忘れてはいけません。

家庭菜園に必要な道具

家庭菜園に向いているしその育て方

家庭菜園に必要な道具 日本の夏といえば、しそは忘れてはいけません。様々な料理のアクセントになるしそは日本料理には大切な存在でしょう。しかし、スーパーで買ってもなかなか賞味期限までに使い切ることは難しいのではないでしょうか。使うたびに買っていてはお金ももったいないです。そこで、家庭菜園においてしそを栽培してみてはいかがでしょうか。薬味程度でしそを使うだけならば、1株のみでも充分にしそは栽培できます。プランターに種を蒔いて栽培する場合は、ほとんど食べ放題状態になるほど茂ります。さらに、勝手に来年もこぼれ種により発芽してくれるのです。秋になってもしそを楽しむことはできます。

育て方としては、5月や6月に種まきをします。簡単に発芽するため、種からそだてましょう。プランターで栽培する場合は、2列に筋まきすると良いでしょう。もちろん、1株でも充分栽培できます。本葉は、既にその特徴をもっています。暖かくなっていくにつれて、生長は進んでいきます。2ヶ月もすれば、収穫は可能です。下の葉から1枚ずつ収穫していきましょう。直射日光は避けて育てるのがコツです。家庭菜園で採れたてのしそは、水切れしにくく、柔らかい葉を楽しむことができます。
Copyright (C)2017家庭菜園に必要な道具.All rights reserved.